#05(日本語) ビットコインキャッシュ(BCH)店舗導入

Sep 3, 19

<はじめに> 「お金」として実際に使えて便利な暗号通貨ビットコインキャッシュ(BCH)がより多くのお店で使えるようになるように、店舗導入のお手伝いをコミュニティー主体で行なっています。

日本では90店舗近くのお店がBCH決済を導入しています。導入店舗は、下記のウェブサイト他に掲載します:https://www.bitcoin.jp/merchants/ これらのうち15−20店舗くらいは1−2ヶ月ごとに東京BCHミートアップ(現在メンバー約1500人)で使わせて頂いていて、参加人数は現在毎回平均20−30人ほどです。https://www.meetup.com/Tokyo-Bitcoin-Cash-Meetup-Group/

BCH導入のメリットはコスト削減(クレジットカード3ー5%に対し、BCHは0−1%)、新規顧客、海外からの顧客開拓、導入コストゼロで宣伝効果&話題性など、色々あります。その他のメリットについての記事はこちらから:https://www.bitcoin.jp/use-bitcoin/why-accept-bitcoin/

<導入方法> 実際にお店にてBCH決済を可能にするには何が必要なのでしょうか。 現在、日本の店舗では主に二つ方法があります。 1. Bitcoin.com ウォレットなどのウォレットアプリを使用ー携帯電話やipad、PCなどのデバイスにアプリをダウンロードするだけですぐに使用できます。 2. 上記に加え、「BCH Register」などの店舗用POS決済アプリを使用。アプリを通して、オーナーのウォレットに直接入金される仕組みなので、スタッフが沢山いるお店などに便利です。方法:①店舗にて使うデバイス上で、アプリストアより、「BCH Register」というアプリをダウンロードします。②四桁の暗証番号を、オーナーさんしか分らないように設定します ③アプリ内「設定」にて入金先アドレスをオーナーさんのウォレットの受け取りアドレスに設定します(設定の変更は暗証番号が必要になるので、暗証番号を知らないスタッフが変更することは出来ません) <日本円への換金> 店舗さんの中には、投資目的でBCHのまま長期保有されているところもありますが、価格の変動(ヴォラティリティ)が大きいので、リスクを負いたくない店舗さんは即時に日本円に換金されることをオススメします。

日本円への換金方法はいくつかありますが、取引所での換金が一般的で簡単かと思います。法人もしくは個人でアカウント作成をしておくことをお勧めします。下記の取引所Liquid(リキッド)、もしくはGMOコインあたりが良いかと思います。オンラインで無料ですぐに口座開設できます。法人口座開設は約1週間ほどで完了します。GMOは少し時間がかかるかもしれません。https://www.liquid.com/ja/ 換金のタイミングとしては、将来的には、店舗用POSアプリ内で自動換金が出来るようになる予定ですが、今の所はお店の方が任意のタイミングでお店のBCHを日本円に取引所にてオンラインで換金する必要があります。 取引所口座にたまった日本円は、お店の銀行口座へお好きな時に送金出来ます。換金はデバイス上で簡単に一瞬で出来ます。 <決済の流れ> 上記1と2のアプリのどちらの場合も、お客さんがお店のウォレットアドレス(金額を指定してQRコードを見せる)にBCH送金するだけです。例えば合計金額が2500円だったら、アプリ内で2500円と打ち込むとQRコードが表示されますので、それをお客様に見せて、お客様がQRコードをスキャンして決済します。

<よくある質問> 1. 決済の手数料はそれぞれどのくらいでしょうか?

①お客様がお店のアドレスにBCH送金 →お店:無料。 →お客様:ほぼ無料(一回の送金につき、平均0.09円くらい)

②任意のタイミングでお店のBCH残高を日本円に換金→取引所にもよりますが、だいたい手数料は無料です。ただし、スプレッドと言って、暗号通貨の売買の価格の差が取引所により異なりますので比べてみると良いと思います。(Liquidはスプレッドが狭いと言われています)

③取引所口座の日本円をお店の銀行口座へ送金 →銀行毎の振込手数料がかかります。更に、取引所によっては出金手数料がかかります。Liquidは一度に付き500円です。なるべくまとめて出金した方がお得だと思います。GMOコインなどの出金手数料が無料のところもありますが、上述したスプレッドなども考慮されると良いと思います。

2. 変動リスクを最小限に抑える方法とコストすぐに日本円に換金すれば、リスクは抑えられます。携帯電話のアプリやPCのブラウザ上で、簡単に換金が可能です。

3. 決済の難易度アプリ自体はiphoneが使える程度で大丈夫なので、子供でも簡単に使えるくらい簡単です。

4. 導入の手間、時間など導入(決済開始)自体は、ウォレットのみで決済する場合はアプリのダウンロードだけなので1分以内で出来ます。店舗用アプリを利用する場合は、設定も含めて更に5分くらい必要かと思います。実際に決済対応をするスタッフさんにも説明する必要もありますが、内容は簡単なのでスタッフさん一人あたり1−2分で使い方を説明できるのではないかと思います。

BCH決済導入にご興味のある店舗さんや、ご質問のある方は、 遠慮なくヨコオまでお問い合わせください(日本語&英語OKです):

LINE: akaneyokooline     Twitter: @YokooAkane 

Event organizer/ Pushing merchant adoption of Bitcoin Cash in Tokyo/ Tokyo Bitcoin Cash Meetup Organizer http://meetu.ps/c/3DGlg/8CTVb/a /Satoshi's Angels


Upvotes (4)

Comments (0)
sort by  /